田舎っぺのカーライフ

札幌市の車買取で伏古インターチェンジ付近がおすすめの理由

札幌市には、車買取店は沢山あります。そのお店を活用して車の高額売却を目指している方々も、いらっしゃるでしょう。

もしも札幌エリアで金額の高さを目指すのであれば、伏古インターチェンジに着目してみるのが良いと考えられます。なぜならそのインターチェンジ付近には、多くのお店が集っているので、売却金額の高さが期待できるからです。

 

一般的に多くのお店が集中しているエリアは、金額は高くなりやすいですね。そのエリアの他のお店に負けたくないと思っているお店が多いため、最初から高い金額を出してくる事も珍しくありません。
またお店が集中しているエリアは、それだけお店の比較をしやすいのです。お店同士の距離が近ければ、各お店のハシゴなども行いやすくなるでしょう。

 

お店が密集している上に有名なお店があるのでおすすめ

 

そして前述のインターチェンジ付近では、特に南西側に多くのお店が密集している傾向があります。そのインターチェンジから南西に進むとかなり車幅が広い道路が、南北の方向に走っているのですね。ちなみにその付近にはコンビニやファーストフード店なども、非常に多く立地しています。その付近には車買取店が多く固まっている訳ですから、高額売却も成立しやすくなると思います。

 

またそのお店が多いエリアから北側に進むと、国道273号線と274号線が交差しているエリアがあります。その交差点の周辺なども、かなり多くのお店が密集しているのですね。
またその交差点からさらに北側に進むと、今度は国道1137号線が見えてきます。その道路沿いなども、かなり多くのお店が集中している傾向があります。やはり交通アクセスの良さが、その理由だと考えられますね。

 

このように札幌エリアの北部にある伏古インターチェンジ付近は、非常に多くのお店が固まっている訳です。お店の多さという意味で、そこはおすすめエリアの1つになります。

 

またこのエリアで車の査定を行うならば、1つ外せないお店があります。前述の交差点から西側に行きますと、ある有名な買取店が1件立地しているのです。そこは、高額売却が期待できると思います。
そのお店の特徴として、ライバル店よりも高い金額を出す傾向があるのですね。他のお店による査定額を伝えると、たいていは高い金額を伝えてくれるのです。

 

その有名なお店は、一番後回しにすると良いでしょう。まずは様々なお店で次々と査定を受けていき、一番最後にその有名なお店で査定を受ければ、高額売却になる確率も高まると思います。
伏古インターチェンジ付近がおすすめな理由の1つは、その有名なお店の存在ですね。金額を比較しやすい環境が整っていますので、そのインターチェンジ付近はとても良いと思います。
出典:アルファードの買取・下取りで高確率で高額査定を!

車買取のお店は、たまに赤字覚悟という表現を用いることがあります。主に査定の手続きで、その表現が用いられている事が多いようですね。
というのも査定の手続きの段階では、車の売り手と査定士との間で交渉が行われる事になります。その交渉の際に、上記の覚悟という表現が用いられる事があるのです。

 

赤字覚悟との表現を用いてくる事がある車買取会社

 

例えば査定の手続きの段階で、お店の担当の方から108万円で買い取りますと伝えられたとしましょう。そしてそのお店の担当の方が、さらに「この後弊社ではオークションに流しますが、その時の落札見込み額は108万円ですので赤字覚悟です」などの表現です。
そのような表現を聞きますと、確かに赤字のようなニュアンスが感じられますね。なぜなら車の買取店は、もちろん転売という方式で利益を生み出しているのです。100万円で買い取った車を130万円で転売すれば、利益が生じる事になるでしょう。しかし上記のような話ですと、オークションの落札金額と買取金額との間に、差額がありませんね。実質ゼロ円の利益に見えるので、それでは確かに赤字覚悟のように感じられるでしょう。
その赤字覚悟という表現を聞きますと、確かに車の売り手としては「このお店ならお得に売却できる」等と感じられるかもしれません。利益を犠牲にして買い取ってくれている位ですから、きっと高く売却できる等と思いこむからです。
出典:プリウスを買取・下取りに出す前に!高額査定を引き出せ

 

 

実際は消費税があるので赤字ではない

 

しかし実際には、上記は赤字にはならないのですね。というのも車買取のお店には、消費税があるからです。よく考えてみると、その消費税に関するトリックが発生しているのですね。
まず来店客から買い取っている108万という金額は、実際には消費税込みなのですね。それでお店の帳簿などには、「来店客から100万円で車を買い取った」などと記録できるのだそうです。
そしてオークションで落札される108万という数字なのですが、実はそれもまた消費税が絡んでいます。実はオークションでの落札金額の108万は、消費税「込み」ではないケースが多々あるのです。実際の落札金額は消費税込みで、1,166,400円になります。100万円で買い取った車が116万円近くで売れている訳ですから、実際にはそこそこ大きな利益が発生しているのですね。経費分を差し引いても、意外と大きな利益額になっているでしょう。
ですので車買取り会社による赤字覚悟という表現を鵜呑みにしない事も必要だと思います。上記のような消費税も計算してみて、金額が妥当かどうかを判断してみると良いでしょう。

 

続きを読む≫ 2015/06/19 18:25:19

車買取では、稀にトラブルが発生します。そのトラブルも色々ありますが、書類の不備などは気をつけた方が良いと思いますね。書類が揃っていないと、買取会社に対する罰金が発生してしまう事もあるからです。
ところで私は以前に、車を売却した事があります。私の場合は、幸いにも良い業者で売却できたと思うのです。

 

行政書士のおかげで安心して車を売却できた

 

まず私は、車の買取に関してインターネットで色々と情報を調べたことがあります。それで、たまにトラブルが発生している事例も見たのですね。名義の変更に関するトラブルもありますし、上記のような書類関連のトラブルもあるのです。そのような話をいくつも聞いたので、私は少々怖くなってしまった事がありました。もしかすると私が車を売却する時にも、同じようなトラブルが発生してしまうのではないかと思ったからです。
それで私は、近くのお店をインターネットで探したのですね。無難に売却できる業者を色々と探してみたのですが、1つ良さそうな所を見つけました。その業者の公式サイトを見てみたら、行政書士と記載されていたのです。
行政書士の方が控えてくれているとなると、それだけトラブルが発生しづらいと考えました。何よりも専門の方にトラブル防止に関する相談ができるのが、嬉しいですね。
その買取会社に興味を持った私は、そこに車を持ち込みました。そして車の買取金額は、満足できるものだったのですね。
そして一番肝心の行政書士ですが、その買取店の担当の方は非常に親切でした。あまり車の買取に慣れていなかった私なのですが、とても丁寧に教えてくれていた記憶があります。
しかもその行政書士の方は、話がとても分かりやすかったのですね。書類関連の手続きに関して、あまり専門用語を用いる事がありませんでした。専門的な用語が用いられてしまえば話の内容も分かりにくくなってしまいますが、その行政書士の方はとても端的な表現で話してくれたのですね。おかげでスムーズに書類を取り揃えることができたと思います。
そして最近になって、そのお店から名義変更に関する書類が届きました。その名義変更に関する書類も、また非常にスピーディーに届いたのですね。てっきり1ヶ月ほどかかってしまうのではないかと思っていたのですが、わずか1週間くらいで名義変更の完了通知が届いたのは少々驚きです。
こうして私は何もトラブルが発生する事なく、無事に車を売却する事ができました。行政書士が控えているお店に車を売却するのは、何とも安心できると思いますね。

続きを読む≫ 2015/06/19 16:36:19

物品の買取では、年式は大きなポイントになります。販売されてから年数が経過してしまっている品物などは、やはり売却金額も低くなる事が多いのですね。
車もそれは同様です。5年ほど経過している車などは、やはり売却金額は低くなると考えた方が良いでしょう。

 

自動車とカーナビの買取の違いと5年目での金額

 

ところで車に付属しているパーツにも、その年式が大きく関わってくる事があります。人々が不要になった車を売却する際には、それに付いていたパーツなども売却するケースがしばしばあります。その1つがカーナビなのですね。とても便利なパーツではありますが、やはり車が不要になってしまった以上は、それを一緒に売却する事もあるでしょう。

 

そして前述のようにカーナビも、年式が関わってくるのです。やはり最近販売されているタイプのカーナビなどは、比較的高く売れる傾向がありますが、古いタイプの波の場合はちょっと金額も厳しくなる傾向があります。車とほぼ同じですね。

 

ところでカーナビの場合は、5年目という年式が1つのボーダーラインになってくるのです。なぜならその年式を迎えたカーナビの場合は、買い取り金額が大きく下がる傾向があるからです。
車のパーツの買取を行っているお店も沢山ありますが、ナビの状況によっては買取が困難だと伝えてくる事があるのですね。その1つが、上記の「5年前に販売されていたタイプ」のカーナビなのです。4年前までのナビであれば買取になる事例もしばしば見られるのですが、さすがに5年目や6年目を迎えたナビになりますと、ちょっと買取が厳しくなります。お店によっては買取どころか、ナビを無料で引き取る事もあるようですね。

 

ところで車の場合は、さすがに5年目が寿命ではありません。確かに車も5年目を迎えると買取金額は下がるのですが、それでもナビほど大きくは下がりません。
車の場合は、もう少し寿命が長いと考えて良いでしょう。なぜなら10年落ちの車などでも、お店によっては高く買い取ってくれる事もあるからです。特に大手のお店などでは、10年落ちの車を買い取っている事例が多々ありますね。

 

カーナビというのは車に付随しているパーツなのですが、車よりは「ゼロ円買取」になってしまう寿命が短い訳です。それに対して車の本体は、ゼロ円買取になるまでの寿命は比較的長い訳ですね。ある意味、それは車買取の特徴の1つとも言えるでしょう。
ですので5年落ちの車でも、試しに車の査定手続きを受けてみるのが良いと思います。かなりの確率で、金額を付けてくれると思う次第です。

続きを読む≫ 2015/06/10 18:14:10